[PR]

 大相撲の夏巡業「羽曳野場所」が7月29日、大阪府羽曳野市立総合スポーツセンターで開かれる。羽曳野では1999年以来、2回目の巡業となる。

 日本相撲協会巡業部の枝川(えだがわ)親方(元蒼樹山(あおぎやま))は、羽曳野市役所を訪れて開催をPR。「20年ぶりの羽曳野場所。地方のみなさんにも相撲を知ってもらいたい」と語った。毎年春場所を観戦しているという北川嗣雄市長は「成功させていきたい」と応じた。

 横綱、大関をはじめ約260人が参加。土俵入りや取組のほか、相撲甚句や髪結いの実演など地方巡業ならではの催しも。午前8時の開場後には力士との握手会が開かれ、記念撮影もできる。午前11時から幕下以下、午後1時から十両の取組が始まる。1時半から幕内・横綱の土俵入りがある。

 チケットは会場のスポーツセン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら