[PR]

 山口県内に新種のサンショウウオ2種が生息していることが、松井正文・京都大学名誉教授らの研究チームの調査で分かった。それぞれ「アブサンショウウオ」と「ヤマグチサンショウウオ」と名付けられた。2種ともに5月6日まで、山口県萩市の萩博物館で展示されている。

 萩博物館などによると、アブサンショウウオは萩市や山口県阿武町、島根県津和野町などの水田や池に生息する。体長は約10センチ、体色はオリーブ色で茶色や銀白色の斑紋がある。繁殖期は2~3月という。

 ヤマグチサンショウウオは県西部や大分県の一部の水田や池に生息する。体長は約10センチ、背面は暗い茶色で黒い斑点がある。繁殖期は1~4月。萩・阿武地域で両生類の新種が見つかるのは初めてという。

 ヤマグチサンショウウオに比べ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら