[PR]

 蔵王山系で、冬の風物詩「樹氷」になる針葉樹・アオモリトドマツの立ち枯れが深刻になっている。宮城県側で群生する約2千ヘクタールのうち、刈田岳山頂付近から南へ約500ヘクタールの範囲で被害が点在しているとして、林野庁は今年秋にも自生苗の試験移植などの再生事業を始める。

 高さ7、8メートルに達した樹氷は「アイスモンスター」とも呼ばれ、自生林は訪日外国人客らの人気スポットとなっている。

 東北森林管理局によると、2017年から専門家による目視調査を行った結果、刈田岳から屛風岳に向かう尾根周辺で立ち枯れが確認された。

 被害を受けた木々には、それぞ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら