[PR]

 山口県周南市で18日正午過ぎ、青空を泳ぐこいのぼりの向こうに、太陽の周りを囲む虹の輪と、水平状の虹が現れた。「ハロ」と「環水平アーク」現象と見られる。

 福岡管区気象台によると、上空の雲の中にある氷の粒に太陽光が当たり、屈折した時に起こる現象。二つが同時に見られるのは、珍しいという。