(数字は%。小数点以下は四捨五入。特に断りがない限り、回答は選択肢から一つ選ぶ方式)

◆あなたは、いまの皇室に親しみを持っていますか。持っていませんか。

 持っている 76

 持っていない 17

 その他・答えない 7

◆あなたは、5月に即位する次の天皇の役割として何を期待しますか。(複数回答)

 国会の召集などの「国事行為」に専念する 21

 国民体育大会などの国民的な催しに出席する 36

 外国を訪問したり外国の要人と面会したりする 55

 宮中祭祀(さいし)など伝統を守る 47

 被災地を訪問するなどして国民を励ます 66

 戦没者への慰霊などで平和を願う 52

 とくにない 12

 その他・答えない 4

◆もし、将来の天皇が、退位したいとのお気持ちを示された場合、どのように対応するべきだと思いますか。次の中からあなたの考えに近いものを選んでください。

 お気持ちを尊重して退位を認めるべきだ 61

 状況に応じて慎重に判断するべきだ 35

 退位は認めるべきではない 1

 その他・答えない 3

◆皇位継承の儀式として、今年11月に大嘗祭(だいじょうさい)があります。皇室の中からは、宗教色が強いものは、国費でまかなうのではなく、天皇家の私費である「内廷費」でまかなうべきではないかとの意見がありました。一方、政府は、公的な性格をもつ皇室行事であるとして、国費での支出を決めました。あなたは、こうした政府の対応を評価しますか。評価しませんか。

 評価する 53

 評価しない 38

 その他・答えない 9

◆いまの皇室に関する法律の「皇室典範」により、天皇の位につくのは、男性に限られています。あなたは、天皇は男性に限った方がよいと思いますか。それとも、皇室典範を改正して、女性も天皇になれるようにした方がよいと思いますか。

 男性に限った方がよい 19

 女性もなれるようにした方がよい 76

 その他・答えない 5

◆皇室典範により、天皇は、父方に天皇の血を引く、いわゆる「男系」に限られています。もし、女性天皇の子どもが天皇になるとしたら、歴史上初めて、母方だけに天皇の血を引く「女系」の天皇を認めることになります。あなたは、これまでの「男系」を維持する方がよいと思いますか。それとも、「女系」を認めてもよいと思いますか。

 男系を維持する方がよい 21

 女系を認めてもよい 74

 その他・答えない 5

◆いまの皇室典範では、女性皇族は民間人と結婚すると、皇室を離れます。今後、結婚後も女性皇族が皇室にとどまる「女性宮家」を創設できるようにするべきだ、という意見があります。あなたは、この考えに賛成ですか。反対ですか。

 賛成 50

 反対 37

 その他・答えない 13

      ◇

〈調査方法〉 全国の有権者から3千人を選び、郵送法で実施した。対象者の選び方は、層化無作為2段抽出法。全国の縮図になるように335の投票区を選び、各投票区の選挙人名簿から平均9人を選んだ。3月6日に調査票を発送し、4月15日までに届いた返送総数は2093。無記入の多いものや対象者以外の人が回答したと明記されたものを除いた有効回答は2043で、回収率は68%。