写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 「勉強しなさい!」 新学期が始まって1カ月。のーんびりテレビを見ている小6の娘の姿に不安になり、思わずのび太のママのように叱ってしまう日が増えている私です。どうすれば子どもは自分から勉強するのか。4月から始まった連載コラム「塾が教えない中学受験必笑法」の筆者、おおたとしまささんに聞きました。

 ――なぜ子どもは「勉強しなさい!」と言わないと勉強しないのでしょうか。

 まず、「勉強しろ」と言われたら、しないと思って下さい。親だって気が向かない時に「洗濯は終わったの」「仕事はできた?」と聞かれたら、反発しませんか? 人間とはそういうものです。

 それを踏まえた上で、それでもなんとかしたいと思うのなら、子どものやる気が出るきっかけとしては、以下の四つが考えられます。①勉強を始めるための「儀式」をつくる②やる気がある子の集団の中でやる気が「感染」する③「こうなりたい」と思えるあこがれの存在が見つかる④当たり前にできることを褒められる。

 ――①の「儀式」とは。

 脳科学では、やる気はやり始め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら