[PR]

 岐阜市民病院(同市鹿島町)は18日、入院中の70~90代の患者31人と病院職員30人が5~17日に相次いでインフルエンザ(A型)に感染したと発表した。院内感染の可能性が高いという。このうち80~90代の男性患者3人が死亡したが、病院側は「インフルエンザと死亡との因果関係はない」としている。

 病院によると、5日に50代の男性医師と入院患者2人の感染を確認。ピーク時の8日には感染した入院患者が16人まで増えたという。死亡した患者は肺炎や肝硬変で入院しており、2人は検査でインフルエンザ陰性が確認された後に死亡した。残る1人は、回復して食事もとれるようになった後に亡くなったという。

 18日現在、まだ2人が治療中で、病院は入院患者との面会を制限している。