[PR]

 証券最大手、野村ホールディングスの永井浩二・グループCEO(最高経営責任者)が朝日新聞の取材に応じ、ポイントを使った投資サービス導入について、IT企業など「プラットフォーマー」との連携を考える方針を明らかにした。

 証券会社は顧客を取り込むため、ポイント投資戦略を進めている。松井証券のように取引額に応じた自前のポイントを付与する会社と、Tポイントを使うSBIグループのように他社と協力する会社に分かれる。

 永井氏はポイント投資について、「ずっと検討してきたが、野村の約540万口座だけでは狭い。既存のプラットフォーマーと組むのが一番よい」と述べ、導入時は自前主義でなく他社と連携する方針を示した。

 ポイント投資はネット証券が火をつけ、競争が激しくなった。2017年8月、楽天証券がグループの各サービス利用でためた楽天スーパーポイントでの投資を始め、新規口座数を伸ばした。対抗するSBIホールディングスは今年4月、Tポイントで投資できるSBIネオモバイル証券を新設。若い世代や女性ら新たな顧客層に向け、ポイント投資を売りにする。

 ネット証券1位のSBIの口座…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら