[PR]

 長野県立こども病院(長野県安曇野市)は19日、体重258グラムの男の子が昨年10月に生まれ、無事に退院できる見通しになったと発表した。男の子は栄養管理などを受けて現在3374グラム。退院は20日の予定という。元気に退院した男児の出生時の体重としては、世界最小という。

 男の子は関野竜佑(りゅうすけ)ちゃん。母親の俊子さん(長野県軽井沢町)は昨年9月29日、妊娠高血圧症候群で同病院に入院。翌々日の10月1日(妊娠24週5日)に緊急帝王切開で出産した。誕生時の身長は22センチ、胸囲は14・3センチ。新生児集中治療室(NICU)で温度や湿度の管理を行い、母乳を綿棒に浸して含ませたり、口に入れたチューブから胃に送ったりしたところ、順調に成長したという。

 低体重で生まれた赤ちゃんの記録をまとめた米アイオワ大のデータベースによると、これまで世界最小の体重で生まれ退院した男の子は、昨年8月に慶応大学病院(東京都)で体重268グラムで生まれた子とされていた。(大野択生、佐藤靖)