[PR]

 大リーグ・マリナーズの菊池雄星(27)が18日、遠征先のアナハイムで、岩手・花巻東高の後輩でもあるエンゼルスの大谷翔平(24)と約1年半ぶりに再会した。15分ほど米国での生活などについて話した。

 マリナーズ投手陣の練習が落ち着いた頃、三塁側ベンチにいた大谷が、一塁側のファウルグラウンドにいた菊池のもとに駆け寄ってきた。握手を交わした菊池は、「でかい」と思ったという。会うたびに一回りも二回りも大きくなっている印象があるといい、「そこが一番びっくりします」。

 高校では、菊池が3学年上だが、大リーグには大谷が1年早く入った。「尊敬する部分が本当に多いし、スーパースターになっても、こうやってあいさつをしに来てくれる。謙虚でかわいい後輩です」

 右ひじを手術した大谷のリハビリが順調で、菊池も順当に先発ローテーションを守れば、5月末からの4連戦で2人の対決が実現しそうだ。(アナハイム=井上翔太)