[PR]

 政府は19日午前の閣議で、トランプ米大統領とメラニア夫人を5月25~28日に国賓として迎えることを決めた。5月1日に即位する皇太子さまが新天皇として初めて会見する国賓となる。トランプ氏は安倍晋三首相と会談し、北朝鮮問題などについて意見を交わす予定だ。

 19日午前の閣議後会見で菅義偉官房長官が発表した。菅氏は「新たな令和の時代における初めての国賓としてトランプ夫妻を迎えることは、日米同盟の揺るぎない絆を象徴するものだ」と述べた。新天皇の即位後初の会見をトランプ氏にすることで、米国重視の姿勢を改めて鮮明にする狙いがある。

 一方、首相は今月26、27日の日程で米国を訪問し、トランプ氏と会談する。トランプ氏は6月28、29日にも大阪での主要20カ国・地域(G20)首脳会議のため来日予定で、異例の3カ月連続の首脳会談となる。

 トランプ氏の来日は2017年11月以来、2回目。(岡村夏樹)