[PR]

 長野県安曇野市の県立こども病院で19日、昨年10月に258グラムで生まれた男の子が無事に成長したとして病院と両親が喜びの会見を開いた。男の子は軽井沢町の関野竜佑(りゅうすけ)ちゃん。元気に退院した男児の出生時の体重としては世界最小とされる。20日に退院する予定だ。

 父親の康平さんは「(竜のように)力強く生きてほしい。ゆっくり見守りたい」。母親の俊子さんは、3374グラムにまで成長した我が子を抱きながら「最初の泣き声は聞こえないくらい小さかったのに」と感慨深げに話した。(大野択生、佐藤靖)