[PR]

 自民党の萩生田光一幹事長代行は19日、10月に予定される消費増税の延期もあり得るとした自身の発言について、「政治家としての私個人の見解を申し上げた」と釈明。「(延期について)政府と話していないし、政府の方針に異議を唱えたつもりもない」と述べた。

 自民党本部で記者団の取材に応じた。萩生田氏は18日のDHCテレビのインターネット番組で、7月1日公表の日銀短観を含め、景気悪化の兆しが見えた場合の消費増税延期を示唆した点について、「たまたま日銀短観を例にしたから話が先鋭的になった」と説明。「外的要因を含めて目配りし、景気の腰折れがないように総合的に対応していく」と述べた。

 一方、同番組で国会の憲法審査…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら