[PR]

 人と猫が共生する社会の実現に向け、飼い方などをまとめた神戸市独自のガイドラインができた。地域での猫のトラブルを抑えつつ、他の政令指定市に比べて高い殺処分率を下げることが狙いだ。

 市生活衛生課によると、2015年度に引き取った768匹の猫のうち、673匹が殺処分された。88%の殺処分率は、全国の政令指定市で最も高かった。

 引き取られた猫は、約9割が生後3カ月未満の子猫だった。飼育放棄された飼い猫が野良猫となって繁殖を繰り返し、生まれたばかりの子猫が届けられるケースが多いという。ふんの臭いや「車に傷をつけられる」といった地域でのトラブルにもつながり、年に500件近い苦情が市に寄せられている。

 そこで市は17年4月、「人と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら