[PR]

 宮城県警は19日、東日本大震災の後に同県石巻市の海上で見つかった遺体の身元が、同県女川町女川浜の平塚真澄さん(当時60)と判明したと発表した。平塚さんが生前に出した手紙の切手についていた唾液(だえき)と、遺体のDNA型が合致した。

 捜査1課によると、遺体は2011年4月9日、石巻市の泊浜漁港近くで見つかった。一部が白骨化していたが、DNA型鑑定のための検体は採取できたという。平塚さんの親族から行方不明届が提出されており、県警は親族との鑑定をしたが、直系の親族ではなかったため、遺体のDNA型とは合致しなかった。

 ところが今年3月16日、ポスターで遺体の似顔絵を見た気仙沼市の女性が、「私のいとこの男性の異母姉ではないか。口元が似ている」と通報。同課は、平塚さんが男性に送った手紙を調べ、2009年5月の消印があった封筒に貼られた切手から平塚さんの唾液を採取。遺体のDNA型と合致したため、身元の確認ができたという。

 遺体は県警から石巻市に引き渡されていたが、24日に遺族に渡される予定。

 県内で見つかった震災関連の身元不明遺体の身元がわかるのは18年1月以来で、県内の身元不明遺体は9体になった。同課は「10年前の資料でも鑑定できたので、ささいな情報でも寄せてほしい」と呼びかけている。情報提供は、宮城県警察身元不明・行方不明者捜査班(022・221・7171)へ。(窪小谷菜月)