[PR]

 早稲田大と久慈琥珀(こはく)博物館(岩手県久慈市)は19日、同市内で肉食恐竜ティラノサウルス類の歯の化石が見つかったと発表した。同県立宮古高校通信制4年の門口裕基さん(18)が、高校の遠足で琥珀採掘体験をしていた際、約9千万年前(白亜紀後期)の地層から発見した。

 門口さんが化石を見つけたのは昨年6月。アイスピックで地層を掘っていて化石に当たり、とがった形から「恐竜の歯かもしれない」と思い、博物館職員に手渡した。その後、早稲田大の平山廉教授(古生物学)がティラノサウルス類の歯と確認した。

 化石は上あごの一番前の歯の一部で、長さ9ミリ。日本でティラノサウルスの化石として確実なのは4例目という。

 歯のサイズから推測すると全長約3メートルとみられる。ティラノサウルス類の中には10メートルを超える大型の種もいるが、今回見つかったものが小型の種なのか子どもなのかは、はっきり分かっていない。

 平山教授によると、ティラノサ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら