[PR]

 任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が、中国本土で販売される見通しとなった。代理店となる中国のIT大手テンセントの申請を、現地の政府機関が認めた。任天堂は過去に中国で小規模な販売を行っていたが、久しぶりの再参入となる。

 テンセントが本社を置く広東省の文化旅行庁が18日、スイッチ本体とスイッチ向け「スーパーマリオ」のソフトの販売を許可したと公表した。24日まで意見公募の期間があり、正式に認められる見通しだ。中国全土で販売できるのかや、発売時期などについては明らかになっていない。

 任天堂は「ニンテンドーDS」などのゲーム機を現地法人を通じて販売していた時期があるが、小規模なビジネスにとどまっていた。中国はゲームの内容などについて規制が厳しい。現地の大手と組むことで、販売をスムーズに進める狙いがある。(中村光)