[PR]

 飲酒運転をしたとして、警視庁は19日、警備1課の男性巡査(23)を停職6カ月の懲戒処分にし、発表した。群馬県内で信号待ちした際に車内で寝込んで110番通報され、発覚したという。巡査は同日辞職し、群馬県警は道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで巡査を書類送検した。

 警視庁人事1課によると、巡査は3月21日、スノーボードをするために東京都内の自宅から1人で車を運転して群馬県内のスキー場を訪れた。スノーボードを終えた同日夜、同県高崎市内の居酒屋で友人とハイボールなどを5杯ほど飲んだという。

 友人と別れた後の翌22日午前2時ごろ、近くの駐車場に止めていた車を運転。約1・5キロ先の交差点で赤信号で止まったまま車内で30分ほど寝込み、午前2時50分ごろ、「動かない車がある」などと110番通報された。高崎署員が調べたところ、呼気1リットルあたり0・3ミリグラムのアルコールが検出された。

 巡査は22日も県内の別のスキー場でスノーボードをする予定だったといい、「スキー場に少しでも近づいておきたかった。休憩しながら運転すれば大丈夫だと思った」と述べているという。