[PR]

 衆院大阪12区の補欠選挙が21日投開票され、日本維新の会新顔の藤田文武氏(38)の初当選が確実となった。同日実施された沖縄3区補選とともに、自民党公認が2敗した。

 大阪12区補選は自民の北川知克・元環境副大臣の死去に伴うもの。藤田氏のほか、共産前職で無所属で立った宮本岳志氏(59)=共産、自由推薦=、元総務相で無所属前職の樽床伸二氏(59)、知克氏のおいで自民新顔の北川晋平氏(32)=公明推薦=が立候補していた。

 維新は、所属議員が重なる地域政党・大阪維新の会が大勝した大阪府知事・大阪市長のダブル選の勢いを残した格好で支持を拡大した。一方、自民は「弔い選挙」を掲げ、安倍晋三首相ら党幹部を相次いで応援に投入したが、届かなかった。閣僚経験など実績をアピールした樽床氏と、夏の参院選を見据えて「野党共闘」を前面に出した宮本氏は、ともに支持は広がらなかった。(坂本純也)