【動画】カヌー羽根田卓也選手の技術=諫山卓弥撮影
[PR]

 空のペットボトルを水に沈めて手を離すと、ポンととび上がる。

 「この原理を、ターンをした後の加速につなげるんです」

 そう話すのは、カヌー・スラロームの羽根田卓也(ミキハウス)。2016年リオデジャネイロ五輪で3位となり、この種目でアジア勢初のメダルを獲得した31歳だ。

 羽根田が得意とするのが、「アップゲート」。下流から上流へ、水の流れに逆らってゲートをくぐるポイントだ。

 スタートからゴールまでのタイムを競うスラロームでは、ゲートポールに接触すると、2秒のペナルティーとなる。いかにポールに当たらず、かつ最短距離で回れるか。

 走りながら、ポールを右回りに回ることを想像してほしい。つい、ポールに近い右足に体重をかけながら回りそうになる。

 これを、ポールを回りながら一度、左足に体重をかけて踏ん張り、方向転換して再びダッシュする。このイメージでくるりと回るのが羽根田の技だ。

 まず、ポールに体が当たりそうなぐらいに近づきながら、カヌーをポール側に傾けてターンに入る。選手たちが「内傾」と呼ぶ動きだ。

 半回転し、ポールの下流側に入ったところで、今度はカヌーを外側に傾ける。「外傾」だ。

 そして、カヌーの後尾を水中に入れる。この動きを羽根田は「カヌーに水を食わす」と表現する。「これによって、カヌーが止まり、横滑りせずにくるっと回れる」

 後尾が水の中に入ることで生まれるのが、「ペットボトルの動き」となる。

記事後半では、羽根田選手が自分の言葉でこの大技の難しさや極意を語ってくれています。

 「カヌーが浮力で水からはね返…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら