[PR]

 新潟県警は19日、窃盗容疑で逮捕・起訴されて村上署に勾留中の男(24)が、治療のため訪れた村上市の病院内で逃走を図ったと発表した。男は取り押さえられたが、かけていた手錠や腰縄を抜けていたという。県警は単純逃走未遂の疑いで調べている。

 留置管理課によると、男は19日午前7時50分ごろ、未決勾留先の村上署の留置場で大量の鼻血を出しているのが発見され、病院に救急搬送された。署員2人が同行した。診察を終えて1階のロビーにいた正午ごろ、男が車いすから立ち上がって走り出すそぶりを見せた。近くにいた署員1人ともみ合いになりながら20メートルほど移動し、1分後に取り押さえられた。もう1人の署員は薬を受け取るため離れていたという。

 男は車いすから離れられないように腰縄をかけられていたが、結び目が残ったままの状態で抜けられていた。手錠も鍵がかかったまま外されていたという。署員の1人は「手錠のかけ方が緩かったかもしれない」と話しているという。

 同課によると、護送の際は常に2人以上の監視が必要。須田仁課長は19日夜の記者会見で、一時的に監視が1人になったことについて、「原則に反し、問題がある」と話した。黒津徹・村上署長は「地域の方々にご心配をおかけして申し訳ない。再発防止に努めます」とコメントした。

 男が逮捕されたのは3月20日。4月9日には窃盗罪で起訴されていた。たびたび体調不良を訴え、病院を訪れていたという。