[PR]

 1枚の死亡診断書が、25日にリニューアルオープンした広島平和記念資料館に常設展示されている。33歳で被爆し、幼い5人の娘を残して亡くなった新聞記者のものだ。

 合同新聞(現・山陽新聞)の記者、藤間(とうま)侃治(かんじ)さんは1945年5月末に広島へ単身赴任。宮島の歴史や呉の造船所などの取材をしていた。

 8月6日朝、爆心地から約1キロの下宿で被爆。大やけどを負ったが、約150キロ離れた我が家をめざした。7キロほど歩いたところで倒れ、救護所に運ばれた。親戚が19日朝に家族の住む岡山県津山市に連れ帰った。

 顔と腰以外は皮がむけ、肉があらわに。背中には大量のウジが湧いていた。病床で妻幸子さんに言った。「強う生きてくれ。子どもは大きゅうして良縁につけてやってくれ」。8月24日午後9時ごろ、妻や2カ月から4歳までの5人の娘たちに見守られ亡くなった。

 「父の愛情は生きるよすがにな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら