[PR]

 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で20日、「鈴鹿2&4レース」が始まった。「全日本ロードレース選手権シリーズJSB1000クラス」「全日本スーパーフォーミュラ選手権」の2輪、4輪両方の国内最高峰レースを一度に見られることが人気で、天気もよく、にぎわった。21日まで。

 JSB1000は今季の第2戦。予選から時速300キロを超す速度で競われた。決勝は2レース制で、この日のレース1は高橋巧選手(チームHRC)が優勝した。スーパーフォーミュラは今季の開幕戦。統一の新型車両「SF19」の走りや、次世代のF1をめざす若手ドライバーたちの戦いぶりが見どころだ。21日はJSB1000の決勝レース2、スーパーフォーミュラの決勝などがある。