[PR]

 20日午前1時ごろ、東京駅から出雲市駅(島根県)に向かっていた寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」号(14両編成)の車内に「所有者不明の不審物がある」と、JR東海社員から110番通報があった。JR東海道線三島―沼津間を走行中に車掌が発見。9両目の乗車口付近に縦約30センチ、横約50センチ、高さ約15センチの段ボール1個があり、浜松駅で警察官が開封すると、未使用のバスタオル2枚が入っていた。

 JR東海によると、特急には約270人の乗客がおり、この影響で68分遅れたという。浜松中央署によると、持ち主は見つかっておらず、拾得物として処理するという。