[PR]

 静岡県掛川市を拠点に、ゆるやかな地形の中東遠地域を自転車で回る「ゆるゆる遠州ガイドライド」が20日、2日間の日程で始まった。参加者はのべ268人で、地元の約50人がガイド役となり、7コースを回った。

 5市1町の茶畑や里山、平地などを回り、距離は最短40キロから最長95キロまで。参加者は全国から集まり、北はのべ27人の北海道から西は大阪まで。台湾の女性1人も加わった。午前8時半過ぎ、掛川市役所をスタート。名所に寄ったり、食やスイーツを楽しんだりした。天竜浜名湖線に乗ったグループもあった。

 地域資源を生かし、滞在時間の長い広域観光を目指そうと2014年にスタートし、今回が10回目。ガイド付きサイクリングツアーでは全国最大規模という。(長谷川智)