[PR]

(20日、J1 ガ大阪1―1大分)

 3連敗中だったガ大阪を救ったのは39歳の右足だった。

 後半26分、相手のクリアミスに反応した遠藤がペナルティーエリアの外からシュート。ボールはDFの左足に当たってネットを揺らした。「ラッキーだが、ゴールはゴール」。2013年のJ2時代も含め、Jリーグ22年連続得点で引き分けに持ち込んだ。

 1998年に横浜フリューゲルスでプロになり、同年に初ゴールを決めてから続く歴代最長記録だが、特別な意識はない。「プロ1年目から気持ちは何も変わらない。チームの中で自分の役割を全うするだけ」。この日はボランチで先発し、1点を追う後半にトップ下へ。得点に絡むプレーが求められる中で、必要な結果を残してみせた。