[PR]

 現代アートの技法を紹介する企画展「ギホウのヒミツ」が20日、高松市紺屋町の市美術館で始まった。立体、陶芸、絵画の各分野から選んだ作家の作品と同館所蔵の計約65点を展示。技法に注目してもらおうと、道具も展示し、制作工程を撮影したスライドショーを流している。

 立体作品では、鬼頭健吾氏が約1千個のフラフープを組み合わせてつくった「untitled(hula-hoop)」や、約200個のカラフルな電球が点滅する田中敦子氏の「電気服」を展示した。

 陶芸では、田淵太郎氏の割れの入った白磁のオブジェなど十数点をインスタレーション(空間芸術)として並べた。

 O JUN(おう・じゅん)氏…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら