[PR]

 北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)・第1外務次官が20日、米朝協議に携わるボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)の発言を強く批判した。朝鮮中央通信が伝えた。

 ボルトン氏は17日、米ブルームバーグ通信のインタビューで、3回目の米朝首脳会談を開くには「北朝鮮が核兵器を放棄する戦略的決定をしたことを示す兆候が必要だ」と述べた。

 朝鮮中央通信によると、これについて崔氏は「朝米両首脳の意思への無理解なのか、ユーモア感覚から出たのかは分からないが、間抜けにみえる」と批判した。「発言には米国式才覚や論理性がみられない」とも語った。

 北朝鮮は18日には、ポンペオ米国務長官を交渉担当から外すよう要求した。厳しい要求を突きつける米国の実務担当者を避け、トランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との「トップ会談」に再び持ち込もうという思惑とみられる。(ソウル=神谷毅)