[PR]

 原発事故の対応拠点として休業を強いられてから8年。見事な天然芝を取り戻したスポーツ施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)が20日、悲願の全面再開を果たした。最寄り駅の同時開業で利便性が高まり、来春には東京五輪の聖火リレーが出発する。交流人口拡大を担う地域の中核施設として期待が集まる。

 「双葉地方をはじめ、浜通り、県全体の復興創生に寄与できるよう取り組む」

 日本サッカー協会名誉総裁の高円宮妃久子さまを迎えた記念式典で、運営会社の社長を務める内堀雅雄知事は強い決意を表明。五輪代表チームの合宿開催を決めている日本協会の田嶋幸三会長は「この日がスタートだ。世界中にどんどんアピールしていく」と述べた。

 一番列車でJヴィレッジ駅に到…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら