[PR]

枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)

 (法相、衆院憲法審査会長などを務めた自民党の保岡興治・元衆院議員の死去を受け)憲法を始め政策的意見は違っていたが、憲法は党派を超えて皆で一致して進めていかなければならないんだということを貫いた。そうした意味では、意見や考え方は違うが大変信頼し尊敬する政治家の先輩であった。ああいった方が国会にいないということが、今の日本の憲法議論が混乱している最大の要因だと思う。(東京都内で記者団に)