[PR]

 新年度を迎え、キャンパスを禁煙とする大学が増えている。学校の敷地内が改正健康増進法により原則禁煙となる7月を控えてのことだ。一方、先駆けて禁煙としたものの、路上喫煙や吸い殻のポイ捨ての増加を理由に、喫煙所を設けて分煙に戻す所もある。未成年者や喫煙可能となる20歳も通う大学の悩ましい事情を探った。

 龍谷大(京都府)のキャンパスの片隅。幅4・5メートル、奥行き2・2メートル、高さ2・7メートルの喫煙所がある。密閉型の「卒煙支援ブース」。ドアを開けると、「たばこの煙には200種類以上の有害物質がある」「たばこを吸い続けた肺は真っ黒になります」などと書かれた紙が壁に貼られていた。

 2009年4月に敷地内を全面…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら