[PR]

 第73回出雲陸上競技大会は21日、島根・浜山公園陸上競技場であり、男子100メートルは白石黄良々(きらら)(セレスポ)が10秒21(追い風3・4メートルで参考記録)で優勝した。2位は多田修平(住友電工)で10秒22。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は予選のレース中に左足を痛めて10秒53に終わった。女子100メートルはロンドン五輪の100メートル障害で優勝したサリー・ピアソン(豪)が11秒52(追い風0・8メートル)の大会記録で制した。土井杏南(あんな)(JAL)が11秒68で2位。

多田、いいところなし

今春、関学大を卒業した多田が社会人初レースに臨んだ。結果は10秒22で2位。多田は「いいところが一切なかった。この悔しさを今後のバネにしたい」と語った。3月の豪州遠征で左太ももを肉離れし、「予選では怖さがあった」という。一昨年に10秒07を出し、世界選手権にも出場したが、昨季のベストは10秒21にとどまった。「まずは2年前の感覚を取り戻したい。そして再び日本代表をめざす」と巻き返しを誓っていた。

 ▼ケンブリッジが負傷 21日の出雲陸上の100メートル予選の中盤に左太もも裏を痛めてスピードを緩めた。治療後にケンブリッジは「走っている途中はまずいかなと思ったが、普通に歩けるし、力も入るので問題ない」と軽傷を示唆。帰京後、大事をとって検査を受けるが、来月3日の静岡国際や6日の木南記念などに予定通り出場する意向を示した。