【動画】爆発があったコロンボのホテル
[PR]

 スリランカの最大都市コロンボなど3都市で21日、キリスト教会や高級ホテルなど8施設が狙われる爆発が起きた。ロイター通信によると外国人27人を含む207人が死亡し、約450人が負傷した。日本外務省によると日本人数人が負傷した。この日はキリスト教のイースター(復活祭)にあたり、スリランカ政府はキリスト教徒や外国人を狙ったテロとみて捜査している。

 AFP通信は、ウィクラマシンハ首相が「容疑者8人が逮捕された」と明らかにしたと報じた。容疑者の詳細は不明。また、AP通信によると、容疑者確保の作戦中に警察官3人が殺害されたという。

 現地からの報道によると、まず21日午前9時(日本時間午後0時半)ごろ、コロンボや郊外のネゴンボ、東部バティカロアにある三つの教会とホテル3軒でほぼ同時に爆発が発生。自爆テロとみられる。同日夜現在、犯行声明は出ていない。

 その後、コロンボ郊外のホテルで爆発が起き、2人が死亡。8件目の爆発も同郊外で確認された。

 コロンボのホテルには多くの外国人観光客が宿泊しており、イースターに合わせて教会を訪れた観光客もいたという。そうした人々も巻き込まれた模様だ。日本外務省が在スリランカ日本大使館を通じて情報収集したところによると、複数の日本人が負傷したが、人数やけがの程度は確認できていない。

 シリセナ大統領はテレビ演説で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら