[PR]

(20日、マリナーズ6―5エンゼルス)

 持てる力を振り絞った。

 3点リードの五回、マリナーズの菊池雄星は適時三塁打などで1点差に迫られた。なおも2死三塁のピンチ。投手交代の目安となる100球が近づく中、3ボールとなった。

 「もう一回、気持ちを入れ直して。自分に『大丈夫』と言い聞かせながら」

 続けたのはこの日、一番信用できる速球だった。94マイル(約151キロ)、95マイル(約153キロ)と1球ごとに球威が増す。フルカウントから95マイルで遊ゴロに仕留め、小さく左拳を握った。

 東京ドームで果たした大リーグ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら