[PR]

 スリランカのキリスト教会などで起きた21日の連続爆発事件は、内戦終結後の10年間続いた平穏な社会に衝撃を与えた。外国人やキリスト教徒を狙ったテロとみられ、事件に遭遇した人たちは不安を口にした。地元メディアでは、過激思想や、仏教徒と少数派の対立を指摘する声がでている。

 8施設で連続して起きた今回の爆発について、スリランカ政府は組織的なテロとみている。AFP通信によると、ウィクラマシンハ首相は犯行グループと「海外とのつながり」を調べていると語った。

 警察は事件の約10日前から、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら