【動画】SLの沿線住民とファンが共同でつくりあげた撮影スポット=金子和史撮影
[PR]

 「カメラマンを締め出せ」。鉄道ファンと地元住民の間では、撮影スポットを巡ってトラブルになることが少なくない。今年運行40年になるSLやまぐち号の沿線も、以前は衝突が絶えなかった。それが今では「しばらく見んかったけど、どうしてたん」。住民と「撮り鉄」の間に自然と会話が生まれる。全国有数の撮影スポットで起きた「奇跡」。そこには、ファンが自らに課した「制約」と住民の歩み寄りがあった。

 SLやまぐち号が今年の運行を開始した3月23日、JR山口線沿線にSLファン約50人がつめかけた。午後4時ごろ、島根県津和野町方面から汽笛とともにSLやまぐち号が現れると、次々とシャッターを切る音が響いた。

 JR津和野駅から南西に6キロほどの山あいにある津和野町の白井地区。見晴らしも良く、線路が上り坂になっていることから黒煙をあげて力走するSLをカメラに収められるため、JR山口線の中でも有数の撮影スポットとして知られている。

 近くには、地元住民が開いたSL交流広場もあり、SLのキーホルダーや燃料の石炭を模した真っ黒なアメが売られている。「しばらく見んかったけど、どうしてたん」。SLを待つ間にはカメラマンと住民の何げない会話が聞こえてくる。

 白井地区も、過去には鉄道ファンとの間にあつれきが生まれたときがあった。

一時は警察が取り締まり

 「カメラマンを締め出せ」。二十数年前、白井地区の住民からは怒りの声が出ていた。当時、夏場に山中でぼや騒ぎが起きた。周辺には人が立ち入る場所はなく、狩猟や山菜採りのシーズンでもなかった。自治会長だった板蔭初男さん(67)は「SLの撮影スポットの付近だったし、カメラマンの火の不始末ではないかと住民の間で不信感が募った」と振り返る。

 当時、一部の鉄道ファンによるマナー違反は度々起きていた。あるとき、板蔭さんが所有する山を見上げると、中腹で何かがピカッと光った。後日確認すると、辺りにはたばこの吸い殻が散乱し、周囲の木はなたやチェーンソーで切られていた。「黒く光ったのはカメラで、撮影に邪魔な木を切ったんだと分かった」。沿線の道路では無断駐車も後を絶たず、一時は警察が取り締まることもあった。

 この状況に危機感を抱いた当時のSLファンの一部が、住民と話し合いの場をもつようになった。当時を知る鉄道ファン歴50年以上の村上義弘さん(61)は「このままではいけないと、マナーを守ろうと自ら制約をつくるようになった」。その結果、住民が入山許可証を発行し、山中で撮影する人を把握。許可書を持っていない場合にはカメラマン同士で注意をし、立ち入り禁止の看板を設置するようになった。

心開いた住民

 こうした歩み寄りに対し、地元住民も次第に心を開くようになった。「多くのSLファンは礼儀正しい。どうせならもてなそう」。2010年にSL応援団を結成した。SL交流広場のほか、5月のゴールデンウィークなど年に数回、地元で捕れたイノシシを使った料理を振る舞うSL茶屋を開き、交流を図っている。

 現在は、入山許可証の発行料が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら