[PR]

 被爆死した児童や生徒23人が着ていた衣服や弁当箱が、平和記念資料館本館の一画に並べられている。その一つが、遺骨さえ見つからなかった女学生の制服だ。

 紺地に白の丸襟、ウエストベルト付きの制服は、広島県立広島第一高等女学校(現・県立広島皆実高校)1年の中島正子さんが手縫いしたものだ。手先が器用だった。胸の部分に名札や校章も付けられている。

 1945年8月6日朝、13歳だった正子さんは「行ってまいります」と家族に言い、学徒動員先へ向かった。

 午前8時15分、広島に原爆が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら