[PR]

ロスジェネはいま

 フリーターか悪徳セールスで稼ぐか、その道しか見えなかった――。鈴木和樹さん(37)は、高校生の頃の自分をそう振り返る。そのころ就職氷河期のど真ん中だった。ロストジェネレーション世代。「何かをあきらめることの連続」の日々だったという。生活保護、日雇い派遣、ネットカフェ難民。貧困の現実を当事者として体験した。そしていま、「助けて」と言える仕組みづくりに奔走する。

 物心つく前に両親が離婚し、静岡県の父方の祖母に引き取られた。小学生のとき、祖母が手がけていた食品関連の事業が行き詰まり、家計がひっぱくした。

 給食費が払えなくなり、料金未払いで電話もとめられた。クラスの連絡網の伝達をきっかけに、それが同級生に知られてしまう。「お金ないから電話が止まってるって、お母さんが言ってた」。友達の一言が胸に突き刺さった。いじめが始まった。

 ときには丸1日何も食べられない日もあった。でも誰にSOSを出していいのかわからず、ただ空腹に耐えた。一家は生活保護を利用するようになった。

 高校時代は夜遅くまでバイト漬けだった。奨学金の情報も知らず、大学進学は最初からあきらめていた。しかも、ちょうど就職氷河期のど真ん中だった。

 フリーターになるか、悪徳セールスで稼ぐか。

就職氷河期に社会に出た世代に、「ロストジェネレーション」と名付けたのは、朝日新聞です。40歳前後となったロスジェネは今も不安定雇用や孤立に向き合っています。生き方を模索する姿を伝え、ともに未来を考えます。

 「自分の人生が見えてしまった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら