[PR]

ロスジェネはいま

 「仮面世代/就職難の果て……悪質リフォーム営業」。2007年1月4日、朝日新聞に掲載された連載「ロストジェネレーション 25~35歳」の見出しだ(東京本社版)。ロスジェネは、社会に出たときに就職氷河期だった世代を指す。現在おおむね30代後半から40代後半の中年期を迎えている。

 私が取材したのは、トラブルが多発して社会問題になっていた訪問販売リフォーム業者の元営業マン。「やり直せるなら小学生からやり直したい」と苦悩する、当時26歳の若者だった。「仮面」をかぶるように本当の心を押し殺し、不本意な仕事をする彼らの心を「仮面世代」という見出しに込めた。

 12年後の今年1月、38歳になった彼から「今、大阪に住んでいます」と年賀状が届いた。取材当時は東京で暮らしていた。

 大阪で新しい仕事についたのかな、と思った。取材をきっかけに、年賀状などのやりとりを、途切れ途切れながら続けていた。でも最近どんな仕事をして、どんな生き方をしているのか、ほとんど知らなかった。いつか会いたいと思っていた彼を訪ねた。

 彼は母子家庭で育った。兄には知的な障害がある。経済的な理由から、大学を2年で中退した。

就職氷河期に社会に出た世代に、「ロストジェネレーション」と名付けたのは、朝日新聞です。40歳前後となったロスジェネは今も不安定雇用や孤立に向き合っています。生き方を模索する姿を伝え、ともに未来を考えます。

 就職氷河期ど真ん中の職探し。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら