[PR]

 長崎県川棚町議選では、石木ダムに反対する予定地地権者の炭谷(すみや)猛さん(68)=無所属新顔=が795票を得てトップ当選した。反対地権者から町議が誕生するのは初めて。議会での今後の論議の行方が注目される。

 県と佐世保市が計画する石木ダム予定地では、県による土地や家屋の収用手続きや、県道のつけ替え工事が進む。こうした現実がある一方、炭谷さんにはダムをめぐる議会の論議は低調に映った。「このまま黙っていていいのか」と、出馬に踏み切った。

 周囲に出馬意向を伝えたのが3月下旬と遅かったことに加え、初の選挙戦で「手応えはさっぱり分からない」状態だったが、結果はトップ当選。「町民が、ダムは要らない、という風を出した。町民の声を届ける責任がある。がんばっていきたい」(福岡泰雄)

関連ニュース