[PR]

 愛知県内で家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の発生が相次いでいることを受け、同県の大村秀章知事は22日、養豚業者が集まっている渥美半島で野生イノシシの根絶を目指す方針を明らかにした。野生イノシシは感染拡大に関わっている可能性が指摘されている。

 愛知県豊橋市と田原市に位置する渥美半島は、県内の豚の約半分が飼育されている。だが、田原市の養豚農場では21日にも豚コレラの発生が確認された。20年前の県の調査では、渥美半島で野生イノシシの生息は確認されていなかったこともあり、根絶を図ることにしたという。地元の猟友会などと25日に協議会を立ち上げ、具体的な取り組みを話し合う。

 渥美半島の野生イノシシの生息…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら