[PR]

 米プロバスケットボールNBAでプレーする2人目の日本選手となった渡辺雄太(24)=グリズリーズ=が1年目の戦いを終えた。世界最高峰の舞台で、競争の厳しさと、そこで生き延びるヒントを感じ取れたルーキーイヤーだったようだ。シーズン終盤に米国を訪ね、彼の思いに迫った。

 プレーオフ進出を逃し、レギュラーシーズン最終戦を終えた翌日、4月11日。渡辺は本拠地フェデックス・フォーラムでGM、監督、選手全員のミーティングに出席した。その直後、GMと監督の解任がチームから発表された。

 「選手は当然知らない。びっくりした。たぶん監督も知らなかったと思う」と渡辺。契約が残っていても、必要ないと判断されれば唐突にクビを切られる。そういう世界で1年を過ごした。

 シーズン中、10年以上も主力…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら