[PR]

 採用や就職活動のあり方を検討してきた経団連と大学側は22日、新卒一括採用を維持しながら、中途採用や留学経験者らに積極的に対応し、採用ルートを増やしていくことで合意した。新卒一括採用とセットだった終身雇用が揺らいでいる現状が背景にある。

経済界「2本立てで」

 経団連と大学側で作る「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」が22日まとめた共同提言は、高度情報化社会を見据え、国際的に活躍できる学生を育てることを目的に掲げ、「新卒一括採用のみでは企業の持続可能な成長は困難」と書いた。新卒一括採用を含む日本型雇用システムに対して、中西宏明・経団連会長が示してきた危機感の表れといえる。

 その上で「複線的で多様な採用形態に秩序をもって移行すべきだ」と、中途採用の拡大などを推し進める採用側の考えを明確にした。中西会長は「人材こそ最も貴重な経営要素。社会のしくみが変わらなければいけない時期に来ている」と強調した。

 経済界からは早速、後押しする…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら