[PR]

 高齢になって体力が落ちても、最期まで食事を楽しんでほしい。周囲が本人の食をサポートしようという「食支援」の試みが少しずつ広がっている。どのように取り組んだらいいかの情報も増えてきた。ただ、その人に合わない不適切な支援は、危険や苦痛を伴うこともある。

 「もうひとさじ、食べようよ」。広島県庄原市の小山清子さん(84)は、みかんの搾り汁をのせたスプーンを夫の英(しげる)さんの口元に運んだ。すると、かくんと上の歯が落ち、スプーンをはさんだまま意識がなくなった。3年前の3月のことだ。

 当時87歳。英さんは代々続く開業医だった。20年ほど前に脳卒中で倒れて以来、徐々に体力が落ちていた。

 何も食べられない時期もあった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら