[PR]

 日だまりでくつろぐ孫とおじいちゃん、朝霧に包まれる棚田などなど。宮崎県三股町の長田地区を舞台に、「日本のよき田舎」の日常を温かい目線で切り取った約60カットの写真冊子が刊行された。5~6月、三股町中心部などで記念写真展があり、会場で希望者に配る。

 写真冊子のタイトルは「アトリエロード KOKOGANAGATA(ここが長田)」(A5変型、30ページ)。長田地区の活性化プロジェクトに取り組む三股町の地域おこし協力隊、笠島一郎さん(44)が企画・制作を担い、町内の写真家、伊藤郁美さん(35)が撮影した。

 町によると、都城市に隣接する三股町西部は人口が増えているが、東部の長田地区は4月1日現在、298世帯559人の中山間地で、少子高齢化と過疎化が進む。

 保育園不足の東京から2017…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら