5月の代替わり後、新天皇ご夫妻が引き続き暮らす東京・元赤坂の東宮御所は「赤坂御所」と称されることになった。宮内庁が22日、明らかにした。上皇ご夫妻が当面暮らす皇居の御所は「吹上仙洞御所」、その後に移る仮住まい先の高輪皇族邸(東京都港区)は「仙洞仮御所」となる。

 改修などを経て、最終的に新天皇ご夫妻は皇居に、上皇ご夫妻は元赤坂に移り住む。そうなれば吹上仙洞御所は「御所」、赤坂御所は「仙洞御所」と呼ばれる。

 宮内庁によると、京都市の仙洞御所については、名称の重複を避けるため、「京都仙洞御所」と改称される。(多田晃子)