[PR]

 統一地方選挙後半戦の投開票結果が22日、出そろった。投票率は2015年の前回に続いて市長選、町村長選、市区議選、町村議選でそれぞれ戦後最低を記録し、有権者の関心の低下を食い止められなかった。

 朝日新聞社の集計では、市長選の平均投票率は47・50%、市議選は45・57%、町村長選は65・23%、町村議選は59・70%。いずれも戦後最低だった。東京特別区の区長選は44・21%で前回の44・11%をわずかに上回ったが、区議選は42・63%で過去最低を更新した。

 一方、市長選では過去最多の6人の女性が当選。市議選の当選者に占める女性の割合は18・43%(前回は16・07%)、町村議は12・34%(同10・39%)で、ともに過去最高となった。

 市議選の政党別の公認候補の当選者は、自民党が前回の634人から698人に増加。公明党は7人減の901人だった。立憲民主党は197人、国民民主党は95人で、合計すると前回の民主党の284人をやや上回った。一方、共産党は57人減の615人、社民党は19人減の53人と大きく減らした。

 後半戦の市長選では、新潟県加茂市、長野県諏訪市、三重県鈴鹿市、京都府木津川市、兵庫県芦屋市、山口県周南市で、新顔3人を含む6人の女性が当選した。統一地方選で過去最多だ。

 加茂市長選では、無所属新顔で元市議の藤田明美氏(48)が、無所属現職の小池清彦氏(82)の7選を阻み、初当選を果たした。新潟県では史上2人目の女性市長誕生となった。

 藤田氏は2児の母。中学生の長女は生まれつき足が不自由で、預けられる公立保育園が見つからず苦労したという。仕事では学習塾講師と家庭教師として、不登校や発達障害の子たちと向き合った。こうした経験から「障害者や子どもを取り巻く環境を良くしたい」との思いを強くし、政治の世界に飛び込んだ。

 2015年の加茂市議選でトッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら