[PR]

 「NBAのコートでは、普段、自分ができていたようなプレーが一切できなくなる」「今までの常識では計れない世界」――。

 米プロバスケットボールNBAでプレーする2人目の日本選手となった渡辺雄太(24)=グリズリーズ=の実感だ。下部のGリーグとNBAを往復しながら壁と成長を感じ続けた1年について、記者に語った。夏のワールドカップ(W杯)、来年の東京五輪への決意も明かしてくれた。

シビアな世界

 ――4月11日にチームミーティングがあり、その直後にGMと監督が解任された。

 「全然知らなかった。監督もおそらく知らされていなかったと思う。でも、ビジネスなので割り切るしかない。自分がコントロールできることだけを一生懸命やるしかない。マルク・ガソルなんて10年以上、グリズリーズでプレーしても、いきなりトレードされる。シビアな世界と感じる」

 ――1年やっても達成感がないと話していた。

 「常に高いところに意識を持ってやっているので、現役中は達成感を感じることがあんまりないんだろうと思う。NBAのコートに立ち、第一歩を踏み出したという意味ではすばらしい。でもあくまでコートに立っただけ。特別に活躍できたかというと、そうではない」

 ――大学からプロに入り、どう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも