[PR]

 日本が舞台となるラグビーワールドカップ(W杯)の開幕(9月20日)まで150日を切った。前回大会でヘッドコーチとして日本に3勝をもたらし、現在はイングランドを率いるエディ・ジョーンズ氏(59)は欧州勢が争う6カ国対抗を2位で終えた。その総括から始まった話は、世代論、リーダーシップ、あるべき指導者の姿へと広がった。

     ◇

 W杯本番に向け、我々が貴重な教訓を得た話から始めよう。

 イングランドは3月、6カ国対抗の最終戦でスコットランドと対戦した。前半途中まで31―0と圧勝ペースだったのに、後半は相手に盛り返され、一時は31―38と逆転負けする窮地に陥った。ただ、そこから気持ちを奮い立たせて、引き分けに持ち込んだ。

 トップレベルでこんなことが起…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも