[PR]

 中部空港(愛知県常滑市)の2018年度の航空旅客数は、過去最高の1235万6882人(速報値、前年度比7%増)だった。これまでの最高は愛知万博があった開港直後の05年度(1235万1727人)で、5千人余り上回った。空港会社が22日、発表した。

 旅客数は7年連続増で、主に訪日外国人の増加が全体を押し上げた。国際線の旅客数が過去最高の約610万人(10%増)で5年連続増。国内線は約626万人(5%増)で4年連続の増加だった。

 空港会社は18年度、1300万人を目標にしていた。だが、西日本豪雨や北海道地震などの影響や、2~3月ごろに予定されていた一部航空会社の就航の遅れも重なり、目標に届かなかったとしている。

 それでも、国際線は今年4月に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら